投資を学ぶ

SPYD大減配 構成銘柄配当金、徹底検証! 2021年12月

投稿日:2021年12月31日 更新日:

衝撃『SPYD大減配』

2021年12月のSPYDの配当金を見て大きな衝撃を受けた人は多いのではないでしょうか。

2021年12月のSPYDの配当は、

0.127557ドル

という結果になりました。

今年は順調に配当が出ており、配当額が最高額になるのでは!!!

と期待していたのですが、この結果に思わず二度見してしまい、仕事が手につきませんでした。

なんでだ!どうしてだ!と思った方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

色々なブログなどの情報を見てみても、なかなか原因について記載がなかったので、それならば自分で確かめるしかない!と思い立ち、調査を実施しました。

本記事の下に、SPYD構成銘柄76企業の月別の配当金一覧を作成しましので見ていただければ幸いです。

 

SPYD配当金の推移

SPYDの過去5年の月別の配当金をグラフにしてみました。

赤いところが、各年の12月の配当金になります。

こう見るとやはり、今年12月の配当金の低さがすごく目立ちますね。

例年は12月は一番多いくらいの配当なので、特になんでだという気持ちが大きくなります。

SPYD配当金の仕組み

ETFの配当金(正確には分配金)は、組み込まれている企業の配当金から、各口数で割って出されるという仕組みになっています。(私が調べて知った結果なので間違っている可能性ありますが、おおよそあっていると思います)

もちろんいろんな方式のETFがあるので一概には言えませんが、「組み込まれている企業の配当」が「ETFの配当金(分配金)」に関係していることは確かなので、今回のSPYDの大減配も、組み込まれている企業の配当金が関係しているとおもいました。

 

SPYD構成銘柄の年間配当一覧

SPYDの配当金(分配金)の元となっているのがSPYDを構成している各企業の配当金です。

色々調べたのですが、この配当金がコロナの影響により、大幅に減ったのでは?

など、あいまいな情報はあるのですが、実際どうなのかなどの情報がありませんでした。

ならば、自分で調べるしかない!!!

ということで、SPYDのホームページから全76銘柄をダウンロードし(エクセルファイルでダウンロードできます)、各企業の1年間の配当金をまとめてしました。

配当一覧は「支払い日」の月で記載しています。ですので、12月時点で2022年に支払う企業もありますので、2022年の1,2,3月に記載している企業もあります。

※黄色のマスは、7月に新たに組み入れられた企業を示しています。

SPYD構成銘柄76社月別配当金一覧表

(2022年の配当金は2021年12月時点で判明している銘柄のみ記載していますので、まだすべての企業で判明していないため少ない状態です。)

SPYD構成銘柄の年間配当まとめ

さて、上記の一覧を作成しました。(本ブログ管理者の調べですので間違っている可能性もあります。ご了承ください。)

このデータをつくっていて、

あれ?全然減配してないぞ。むしろ増配している企業が結構ある。。。」

という結果になりました。2022年支払いの企業もいくつかありますが、表の最後の行に、四半期ごとの合計配当金を記載しています。

見ていただくと、10,11,12月の配当金だけ大きく減配しているなどの状況ではなく、安定して、配当金は出ています。むしろ、12月に増配する企業も結構ありましたので、多いくらいだと思いました。

CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】

 

SPYD減配の原因考察

当初は、コロナ禍による企業業績の低迷から、配当金が大きく減配されその影響で、SPYDの配当金も減配になったもの思いました。

しかし、全銘柄の配当を調べると、配当金維持か増配となっており、想定と大きく異なることがわかりました。

とりあえず、SPYDの基盤となる企業の配当は順調に推移していることが確認できたので、今回の減配はもっと別の要因によるものと思います。

ここまで読んでいただいて申し訳ございませんが、今回の調査結果からでは減配の理由はわかりませんでした。

 

今後どうしていくか?

今回の減配がSPYD構成銘柄の減配による影響ではないので、今後このような状況が続くとは考えにくいと思います。

配当はしっかり出ており、なんあんら増加傾向にあるので、来年は元に戻ると考えています。

とはいえ、今回の減配の理由が判明したわけではなく、余計によくわからないという結果になってしまいました。

今後、SPYDに関しては、売りはしませんが、買います量を減らしたいと考えています。

HDVとほぼ変わらない配当利回りになってきているので、HDVの買い増しし、来年のSPYDの配当を見ながら、買います量を元に戻すかなど考えたいと思います。

ここまで読んでいただいてありがとうございました。

また、各銘柄の配当金は本ブログ管理人の個人的な調査結果ですので間違っている可能性もあるということを念頭に見ていただければ幸いです。

 







-投資を学ぶ
-, , , ,

執筆者:

関連記事

【HDV配当金】2022年3月 HDV配当金 減配↷

【HDV配当金】2022年3月 HDV配当金 減配でしたね、、、 皆さんこんにちは。 さて、3大高配当ETF最後はHDVです。 こちらも出ましたので、さっそく紹介したいとおも増す。 2020年3月のH …

利益を得るために知っておきたい「利回り」について

「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」の違い キャピタルゲインの説明 利回りには、「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」というものがあります。 投資初心者の方がまず思い浮かぶのは、キャピタルゲイン …

【確定申告】スマホでe-Tax実践 | 外国税額控除のやり方

外国税額控除ってなに? 二重課税を少しでも取り戻そう! みなさんこんにちは。 さて、2021年も終わり、とうとうこの季節がきました。 そうです。確定申告の季節です。 サラリーマンの方は、源泉徴収され、 …

PER(株価収益率)とは?企業の稼ぐ力

PER(Price Earnings Ratio)/株価収益率の説明 今回はPER(株価収益率)について説明していきたいともいます。 名前にもある通り、「収益率」ということは、収益に関することがすでに …

【VYM配当金】2022年3月 VYM配当金 増配!

【VYM配当金】2022年3月 VYM配当金 増配しました! 皆さんこんにちは! SPYDの配当金の発表からすぐですが、VYMの配当金もでましたね。 さすが安定のVYMという感じで、微増ですが増配しま …

広告

CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】