投資を学ぶ

PER(株価収益率)とは?企業の稼ぐ力

投稿日:

PER(Price Earnings Ratio)/株価収益率の説明

今回はPER(株価収益率)について説明していきたいともいます。

名前にもある通り、「収益率」ということは、収益に関することがすでに分かると思います。

また、収益率なので、「高いほうが良い」ことも想像できると思います。

では詳しく見ていきたいと思います。

PERの計算方法

PER[倍] = 株価[円] ÷ 1株当たりの純利益(EPS)[円]

このような計算式です。式からどのような意味か読み取って行きましょう。

一株あたりの利益(EPS)とは、「当期純利益」を「発行済株式数」で割った値になります。

EPSについては、企業分析する上で重要になるので、別の記事にしたいと思います。

PREの解釈:株価が割安?割高?

PBRの場合は「1%」という基準があり、1%以上か以下であるかで、割高・割安がわかれていました。

しかし、PERの場合は、境となる値がありません。

なぜならば、株価は日々変動し、純資産も企業の事業内容などにより、大きくことなるからです。

ではどれくらいであれば、割安か割高なのでしょうか?

一部上場企業のおおよその目安として、「15倍」と言われています。

計算式から見てみましょう。

例えば株価が1000円で、1株当たりの純利益が100円の企業Aがある想定で計算してみましょう。

企業AのPER = 1000 ÷ 100 = 10[倍]

では、株価が同じ1000円で、1株当たりの純利益が200円の企業Bがあると想定で計算します。

企業BのPER = 1000 ÷ 200 = 5[倍]

どうでしょうか。皆さんならどちらの企業の株のほうを買いたいと思いますか?

同じ株価であるならば当然、1株当たりの純利益の大きい企業Bを選ぶと思います。

計算式の解釈として、同じ株からなら、純利益が大きいほうが、倍率は低くなり、純利益が低くなれば、倍率は上がります。

つまり、PERは目安として15倍以下の場合、割安であり、15倍以上の場合、割高であることがわかります。

・PER > 15倍:株価が割高傾向

・PER < 15%:株価が割安傾向

PERは、あくまで目安です。見るときは、業種が同じ企業通しで見比べる必要があります。

まったく異なる業種でPERを比べても、割安か割高か判断を誤る可能性があるので注意してみる必要があります。

 

 

 







-投資を学ぶ

執筆者:

関連記事

利益を得るために知っておきたい「利回り」について

「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」の違い キャピタルゲインの説明 利回りには、「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」というものがあります。 投資初心者の方がまず思い浮かぶのは、キャピタルゲイン …

株式投資の利回り相場について知っておくことの重要性

利回りの相場 いきなりですが、 「元本保証!利回り10%!投資信託のお申し込みはこちらから!」 という投資信託の広告があったら皆さんどうおもいますか? 「へー」と思う方、「すごい」と思う方、「怪しい」 …

ふるさと納税で節税対策

サラリーマンの数少ない節税対策 サラリーマンの節税対策としてもっとも簡単で、おいしい制度としてふるさと納税があります。 皆さん使ってますでしょうか? ここでは、ふるさと納税について、ポイントをまとめて …

投資の基本 分散投資?「卵(資産)は同じカゴ(分類)に盛るな!」

分散投資について学びましょう。 投資について学んでいると、「分散投資」で「リスク」を軽減するという内容がよく出てきます。 投資の有名な格言として、 卵(資産)は同じカゴ(分類)に盛るな! というものが …

PBR(株価純資産倍率)とは?株価の割安/割高の判断基準

PBR(Price Book-value Ratio)/株価純資産倍率の説明 投資をする中で、たくさんの指標が出てくることに気づきます。 これはいったいどういう意味なのか? どう解釈したらいいのか? …

広告

SBIネオモバイル証券 口座開設

CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】